日本版data.gov立ち上げプロジェクト

リンクト・オープン・データ・イニシアティブでは、日本版オープンデータカタログサイトの立ち上げプロジェクトをスタートしました。

現在、世界では企業や民間組織に先んじて政府や行政機関のオープンデータ化が進んでいます。政府は行政に関するあらゆるガバメントデータをオープンデータ化することによって政府自身の透明性を向上させ、民間の公共性の高いアクティビティを活性化したり、政府内や官民連携に活用しようとしています。また、多くの民間企業にとってもガバメントデータが自由に使えればそれぞれのビジネスで有効に活用できるシーンも多いことでしょう。

オープンデータを推進する国や都市ではオープンデータの利用を促進するために、それぞれオープンデータカタログサイトを立てており、利用者がデータについての情報を得たり、必要なデータを検索したりできるサービスを提供しています。データをオープンにするだけでなく、膨大な量のデータをウェブを介して利用しやすくする環境整備も進んできているのです。

一方、日本政府では、一部、経済産業省が同省のデータに限ったデータカタログ実験サイトDataboxを開設しているものの、欧米の例にみられるような国としての総合的かつ大規模なデータカタログサイトは存在せず、オープンデータへの取り組み自体の方針も定まっていないのが現状です。(検討ははじまっています)

世界の多くの国がそうであるように、日本においてもオープンデータを普及させるには、まず、政府や自治体のオープンデータ化が有効です。そのためのカタログサイトも必要です。そして、カタログサイトに登録されるデータはできるだけ良い状態で公開されることが望ましく、その理想系は世界標準であるLODです。

リンクト・オープン・データ・イニシアティブでは、政府および行政機関や自治体のオープンデータを支援すると同時に、その中でのLODの活用も推奨していきます。

参考
経済産業省によるオープンガバメントの実証実験サイト「Databox
イギリスのオープンガバメントサイト「data.gov.uk
data.gov.ukのウェブサイト

コメントは受け付けていません。