「オープンデータ流通推進コンソーシアム」の設立

下記のとおりリリースがありました。
民間企業、自治体、関係省庁の賛同も得て、日本におけるオープンデータインフラの構築に向けて多面的に検討していく場となります。
コンソーシアムにはリンクト・オープン・データ・イニシアティブのメンバーも委員に就任しています。

技術委員会
武田英明(同委員会副主査)
深見嘉明

利活用・普及委員会
大向一輝
小林巌生

委員会の中ではこれまでのLODに関する研究や実践による知見を持って貢献していく所存です。

総務省によるリリース
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000047.html

 総務省は、関係府省等とも連携しつつ、各分野内で閉じた形でのみ利活用されているデータを社会で効果的に利活用することのできる環境の整備に向け、「オープンデータ戦略」を推進しています。
 本日(7月27日)、オープンデータの流通を促進する環境を整備するため、産官学が共同で取り組む活動母体として「オープンデータ流通推進コンソーシアム」が設立されましたので、お知らせします。

三菱総合研究所によるリリース
http://www.mri.co.jp/NEWS/press/2012/2040014_2212.html

このたび、業界を代表する企業・団体・有識者等の賛同を得て、産官学が共同で推進する「オープンデータ流通推進コンソーシアム」を設立し、7月27日に設立発表会を開催いたしました。本コンソーシアムの事務局業務は、株式会社三菱総合研究所(代表取締役社長:大森京太、東京都千代田区永田町二丁目10番3号)が担います。
本コンソーシアムでは、公共情報を始め民間情報も含む様々なデータのオープン化、共有化を進め、分野横断的なデータの連携による新たな利便性を提供するための仕組み作りを目指しています。これに向けて、標準API等の利用技術の共通化、データガバナンス等の利用ルールの共通化、そしてオープンデータの新たな利活用イメージの提供を主要な課題として活動を推進します。
8月から順次、活動を開始し、2013年3月以降には年次報告会を開催する予定です。また、この活動を確実なものとし、強力に推進していくため、近く会員募集を開始いたします。

コメント投稿は締め切りました。