理事の活動(2012年度)

武田英明

  • 発表・講演など
    • 武田英明, オープン・データの技術としてのLinked Data, オープンデータとオープンガバメント オープンガバメント実現へ向けて~その現状と課題~ (パネルディスカッション), IPAフォーラム, 2012年10月25日.
    • 武田英明, Linked Dataにおける識別子とスキーマ, 特別講演, 第28回セマンティックウェブとオントロジー研究会人工知能学会, 2012年10月5日(金)
    • 武田英明, オープンデータとLinked Open Data, 経済産業省 IT融合フォーラム 公共データワーキンググループ(第3回), 2012年11月29日
    • 武田英明, Linked Dataがつくる新しいデータの世界, グリッド協議会 第37回ワークショップのご案内 公共データのオープン化とクラウド 2012年12月19日
    • 武田英明, リンクト・オープン・データ・イニシアティブ活動紹介, インターナショナル・オープンデータ・デー in YOKOHAMA懇親会&.リンクト・オープン・データ・イニシアティブ発足記念パーティ (2013)
    • 武田英明, DBpedia Japaneseとは?, Wikimedia Conference Japan 2013, 2013年2月3日(日)
    • 武田英明, 南佳孝, 加藤文彦, 大向一輝, 新井紀子, 神保宇嗣, 伊藤元己, 小林悟志, 川本祥子:生物情報基盤構築のための生物種データのLinked Open Data化の試み, 人工知能学会全国大会(第26回)論文集, No. 3C2-OS-13b-3, 山口 (2012), 人工知能学会.
    • 後藤孝行, 濱崎雅弘, 武田英明:DashSearch LD: 探索的検索のLinked Dataへの適用, 人工知能学会全国大会(第26回)論文集, No. 3C1-OS-13a-3, 山口 (2012), 人工知能学会.
    • 松村冬子, 嘉村哲郎, 加藤文彦, 小林巌生, 高橋徹, 上田洋, 大向一輝, 武田英明:LODAC Museum: Linked Open Dataによる博物館情報の統合と活用, 人工知能学会全国大会(第26回)論文集, No. 3C2-OS-13b-9, 山口 (2012), 人工知能学会.
    • 南佳孝, 武田英明, 加藤文彦, 新井紀子, 神保宇嗣, 伊藤元己:博物館が所蔵する生物標本情報のLinked Open Data化の試み, じんもんこん2012論文集, 第2012巻, pp. 119 — 124, 情報処理学会 (2012).
    • 武田英明:DBpedia Japaneseとは, in Wikimedia Conference Japan 2013, 東京 (2013).
    • 小出誠二, 武田英明:表示意味論にもとづくRDF/OWL意味論の形式化, 第29回セマンティックウェブとオントロジー研究会, 東京 (2013), 人工知能学会.
    • H. Takeda: General Introduction for Semantic Web, Linked Open Data, in International Aasian Summer School on Linked Data, Daejeon, Korea (2012), Korean Advanced Institute of Scicence and Technology, Lecture.
    • H. Takeda: Identity and schema for Linked Open Data, in International Asian Summer School on Linked Data, Daejeon, Korea (2012), Korean Advanced Institute of Scicence and Technology, Lecture.
    • H. Takeda and F. Kato: LOD Application Exemplar, in International Asian Summer School on Linked Data, Daejeon, Korea (2012), Korean Advanced Institute of Scicence and Technology, Lecture.
    • F. Matsumura, I. Kobayashi, F. Kato, T. Kamura, I. Ohmukai and H. Takeda: Producing and Consuming Linked Open Data on Art with a Local Community, in J. F. Sequeda, A. Harth and O. Hartig eds., Proceedings of the Third International Workshop on Consuming Linked Data (COLD 2012) (2012), CEUR Workshop Proceedings Vol-905.
    • R. Chawuthai, H. Takeda, V. Wuwongse and U. Jinbo: A Logical Model for Taxonomic Concepts for Expanding Knowledge using Linked Open Data, in Poster and Demonstration Proceedings, The Second Joint International Semantic Technology Conference, JIST 2012, Nara, Japan, December 2012, pp. 7–8 (2012).
    • F. Matsumura, F. Kato, T. Kamura, I. Ohmukai and H. Takeda: Generating LOD from Web: A Case Study on Building Integrated Museum Collection Data, in Poster and Demonstration Proceedings, The Second Joint International Semantic Technology Conference, JIST 2012, Nara, Japan, December 2012, pp. 23–24 (2012).
    • R. Chawuthai, V. Wuwongse and H. Takeda: A Formal Approach to the Modelling of Digital Archives, in H.-H. Chen and G. Chowdhury eds., The Outreach of Digital Libraries: A Globalized Resource Network – 14th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries, ICADL 2012, Taipei, Taiwan, China, November 12-15, 2012. Proceedings, Vol. 7634 of Lecture Notes in Computer Science, pp. 179–188 (2012).
    • T. Shimizu, M. Shoji, F. Matsumura, T. Takahashi, I. Kobayashi, F. Kato, H. Ueda, Y. Fukami and H. Takeda: Bottom up Activities for linked open data, open government in Japan, in Open Data on the Web Workshop, London, United Kingdom (2013), the World-Wide Web Consortium (W3C) / the Open Knowledge Foundation (OKF) / the Open Data Institute
  • 執筆など
    • Linked Data: Webをグローバルなデータ空間にする仕組み,
      トム ヒース , クリスチャン バイツァー (著), 武田 英明(監訳), 大向 一輝, 加藤 文彦, 嘉村 哲郎(, 亀田 尭宙, 小出 誠二, 深見 嘉明, 松村 冬子, 南 佳孝(訳), 近代科学社, 2013年2月
  • 委員など
    • 内閣官房 電子行政オープンデータ実務者会議 構成員(2012年度)
    • 内閣官房 電子行政オープンデータ実務者会議 構成員(2013年度)
    • 経済産業省 IT融合フォーラム 公共データワーキンググループ 構成員 (2012年度)
    • 経済産業省 公共情報交換標準スキームに関する検討委員会 委員(2012年度)
    • 総務省 オープンデータ流通推進コンソーシアム 技術委員会 副主査 (2012年度)
    • Program Commitee, Open Data on the Web Workshop, London, United Kingdom (2013), the World-Wide Web Consortium (W3C) / the Open Knowledge Foundation (OKF) / the Open Data Institute

小林巌生

  • 発表・講演など

    • 小林巌生, 「ボトムアップで発展する横浜のオープンデータ」, パブリックセクターソリューションフォーラム2013, 講演, 2013/05/30
    • 小林巌生, 「横浜でのオープンデータ動向」, オープンデータ推進研修会・検討会 横浜市主催, 講演, 2013/03/22
    • 小林巌生, 「オープンデータ社会とセマンティックWeb」, セマンティックwebコンファレンス2013, パネルディスカッション, 2013/03/07
    • 小林巌生, 「ヨコハマ・アート・LOD紹介」, 横浜オープンデータハッカソン@さくらWORKS, 講演, 2013/01/26
    • 小林巌生, 「オープンデータ」, 横浜オープンデータハッカソン@さくらWORKS, 講演, 2013/01/25
    • 小林巌生, 「日本のオープンデータ動向」, LODチャレンジデーinはこだて@公立はこだて未来大学, 講演/パネルディスカッション, 2012/12/15
    • 小林巌生, 「横浜オープンデータソリューション発展委員会」〜キックオフイベント〜, 横浜オープンデータソリューション発展委員会主催, パネルディスカッションモデレーター, 2012/11/24
    • 小林巌生, 「LOD入門」, 東京都市大学, 講演, 2012/11/14
    • 小林巌生, 「LOD入門」〜LODで実現するウェブの未来〜, 公立はこだて未来大学, 講義, 2012/10/18
    • 小林巌生, 「オープンデータとは」, 『拡張現実都市』&ワークショップ, 講演, 2012/10/16
    • 松村冬子, 嘉村哲郎, 加藤文彦, 小林巌生, 高橋徹, 上田洋, 大向一輝, 武田英明:LODAC Museum: Linked Open Dataによる博物館情報の統合と活用, 人工知能学会全国大会(第26回)論文集, No. 3C2-OS-13b-9, 山口 (2012), 人工知能学会.
    • F. Matsumura, I. Kobayashi, F. Kato, T. Kamura, I. Ohmukai and H. Takeda: Producing and Consuming Linked Open Data on Art with a Local Community, in J. F. Sequeda, A. Harth and O. Hartig eds., Proceedings of the Third International Workshop on Consuming Linked Data (COLD 2012) (2012), CEUR Workshop Proceedings Vol-905.
    • T. Shimizu, M. Shoji, F. Matsumura, T. Takahashi, I. Kobayashi, F. Kato, H. Ueda, Y. Fukami and H. Takeda: Bottom up Activities for linked open data, open government in Japan, in Open Data on the Web Workshop, London, United Kingdom (2013), the World-Wide Web Consortium (W3C) / the Open Knowledge Foundation (OKF) / the Open Data Institute
  • 受賞など
    • 上田洋,小林巌生,高橋徹,中川貴慈:横浜Maps,公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団賞,Linked Open Data チャレンジ Japan 2012
  • 委員など
    • 総務省 オープンデータ流通推進コンソーシアム 利活用・普及委員会委員 (2012年度)
    • 横浜オープンデータソリューション発展委員会理事 (2012年度)
    • LODチャレンジ実行委員(2011年度〜)

大向一輝

  • 発表・講演など
    • 大向一輝: Linked Open Dataと「つながる社会」, オープンデータ京都勉強会, 京都リサーチパーク町家スタジオ, 2013年4月20日
    • 大向一輝: Linked Open Dataと「つながる社会」, 国際大学GLOCOM研究ワークショップ, 2013年4月18日.
    • 大向一輝: セマンティックウェブとオープンデータ, 情報通信学会2012年度第3回ICT将来政策研究会, 2013年2月21日.
    • 大向一輝: セマンティックウェブの次のステップ:オープンデータと知的処理, アカデミック・リソース・ガイドWebインテリジェンスとインタラクション研究会第1回研究会, 招待講演, 2012年12月15日.
    • 大向一輝: オープンガバメントのいま, オープンガバメントサミットin鯖江, パネルディスカッション, 2012年11月17日.
    • 大向一輝: Linked Open Dataと学術・公共情報流通, 人工知能学会インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会第2回研究会, 招待講演, 2012年11月16日.
    • 大向一輝: 知識インフラとしてのLinked Open Data, 情報知識学会第5回知識共有コミュニティワークショップ, 招待講演, 2012年11月10日.
    • 大向一輝: 書誌データの近未来, 国立国会図書館平成24年度書誌調整連絡会議, 2012年10月12日.
    • 武田英明, 南佳孝, 加藤文彦, 大向一輝, 新井紀子, 神保宇嗣, 伊藤元己, 小林悟志, 川本祥子:生物情報基盤構築のための生物種データのLinked Open Data化の試み, 人工知能学会全国大会(第26回)論文集, No. 3C2-OS-13b-3, 山口 (2012), 人工知能学会.
    • 松村冬子, 嘉村哲郎, 加藤文彦, 小林巌生, 高橋徹, 上田洋, 大向一輝, 武田英明:LODAC Museum: Linked Open Dataによる博物館情報の統合と活用, 人工知能学会全国大会(第26回)論文集, No. 3C2-OS-13b-9, 山口 (2012), 人工知能学会.
    • F. Matsumura, I. Kobayashi, F. Kato, T. Kamura, I. Ohmukai and H. Takeda: Producing and Consuming Linked Open Data on Art with a Local Community, in J. F. Sequeda, A. Harth and O. Hartig eds., Proceedings of the Third International Workshop on Consuming Linked Data (COLD 2012) (2012), CEUR Workshop Proceedings Vol-905.
    • Y. Minami, H. Takeda, F. Kato, I. Ohmukai, N. Arai, U. Jinbo, M. Ito, S. Kobayashi and S. Kawamoto: Towards a Data Hub for Biodiversity with LOD, in proceedings, The Second Joint International Semanantic Technology Conference, JIST2012, Nara, Japan December 2012, (2012).
    • F. Matsumura, F. Kato, T. Kamura, I. Ohmukai and H. Takeda: Generating LOD from Web: A Case Study on Building Integrated Museum Collection Data, in Poster and Demonstration Proceedings, The Second Joint International Semantic Technology Conference, JIST 2012, Nara, Japan, December 2012, pp. 23–24 (2012).
  • 執筆など
    • Linked Data: Webをグローバルなデータ空間にする仕組み, トム ヒース , クリスチャン バイツァー (著), 武田 英明(監訳), 大向 一輝, 加藤 文彦, 嘉村 哲郎, 亀田 尭宙, 小出 誠二, 深見 嘉明, 松村 冬子, 南 佳孝(訳), 近代科学社, 2013年2月
  • 委員など
    • 内閣官房 電子行政オープンデータ実務者会議 データワーキンググループ構成員 (2012年度)
    • 総務省 オープンデータ流通推進コンソーシアム 利活用・普及委員会委員 (2012年度)
    • 経済産業省 IT融合フォーラム 公共データワーキンググループ構成員 (2012年度)
    • 経済産業省 公共情報交換標準スキームに関する検討委員会委員 (2012年度)
    • 横浜オープンデータソリューション発展委員会理事 (2012年度)

加藤文彦

  • 発表・講演など
    • 武田英明, 南佳孝, 加藤文彦, 大向一輝, 新井紀子, 神保宇嗣, 伊藤元己, 小林悟志, 川本祥子:生物情報基盤構築のための生物種データのLinked Open Data化の試み, 人工知能学会全国大会(第26回)論文集, No. 3C2-OS-13b-3, 山口 (2012), 人工知能学会.
    • 松村冬子, 嘉村哲郎, 加藤文彦, 小林巌生, 高橋徹, 上田洋, 大向一輝, 武田英明:LODAC Museum: Linked Open Dataによる博物館情報の統合と活用, 人工知能学会全国大会(第26回)論文集, No. 3C2-OS-13b-9, 山口 (2012), 人工知能学会.
    • 加藤文彦, DBpedia Japanese, 第5回LinkedData勉強会, 2012年7月24日
    • 加藤文彦, LODを検索する, 2012年度第1回LODチャレンジデー, 2012年8月25日
    • 加藤文彦, データポータルソフトウェアCKAN, オープンソースカンファレンス2012 会津, 2012年11月3日
    • 南佳孝, 武田英明, 加藤文彦, 新井紀子, 神保宇嗣, 伊藤元己:博物館が所蔵する生物標本情報のLinked Open Data化の試み, じんもんこん2012論文集, 第2012巻, pp. 119 — 124情報処理学会 (2012).
    • 加藤文彦, Linked Open Data基礎, 横浜オープンデータハッカソン,2013年1月26日
    • 加藤文彦, Linked Open Dataとは,バイオインフォマティクス・ハンズオンセミナー, 日本バイオインフォマティクス学会, 2013年2月22日
    • 加藤文彦, DBpedia JapaneseとCKAN,セマンティックWebコンファレンス2013, 慶應義塾大学SFC研究所, 2013年3月7日
    • 加藤文彦, 上田洋, 松村冬子, 高橋徹: スマートフォンアプリへのSPARQLによる動的検索機能の実装, 第29回セマンティックウェブとオントロジー研究会(SIG-SWO), 2013年3月
    • 加藤文彦, CKAN日本語コミュニティミートアップ,2013年4月8日
    • 加藤文彦, オープンデータ最新動向,福井オープンデータ&ご当地アプリ開発プロジェクト・キックオフセミナー, 福井県地域産業支援部, 2013年5月10日
    • 加藤文彦, 海外におけるオープンデータの最新動向,2013年度第1回LODチャレンジデー in 石川高専, LODチャレンジ実行委員会, 2013年6月8日
    • 加藤文彦, オープンデータの技術よりな話,第2回京都オープンデータ勉強会, 2013年6月20日
    • 加藤文彦, LOD: Linked Open Data入門,人工知能学会 AIツール入門講座, 人工知能学会, 2013年7月5日
    • 加藤文彦, 海外におけるオープンデータの最新動向,2013年度 第3回LODチャレンジデー in 東海, LODチャレンジ実行委員会, 2013年8月24日
    • F. Kato: Programming with LOD, in International Asian Summer School on Linked Data, Daejeon, Korea (2012), Korean Advanced Institute of Scicence and Technology, Lecture.
    • H. Takeda and F. Kato: LOD Application Exemplar, in International Asian Summer School on Linked Data, Daejeon, Korea (2012), Korean Advanced Institute of Scicence and Technology, Lecture.
    • F. Matsumura, I. Kobayashi, F. Kato, T. Kamura, I. Ohmukai and H. Takeda: Producing and Consuming Linked Open Data on Art with a Local Community, in J. F. Sequeda, A. Harth and O. Hartig eds., Proceedings of the Third International Workshop on Consuming Linked Data (COLD 2012) (2012), CEUR Workshop Proceedings Vol-905.
    • Y. Minami, H. Takeda, F. Kato, I. Ohmukai, N. Arai, U. Jinbo, M. Ito, S. Kobayashi and S. Kawamoto: Towards a Data Hub for Biodiversity with LOD, in proceedings, The Second Joint International Semanantic Technology Conference, JIST2012, Nara, Japan December 2012, (2012).
    • F. Matsumura, F. Kato, T. Kamura, I. Ohmukai and H. Takeda: Generating LOD from Web: A Case Study on Building Integrated Museum Collection Data, in Poster and Demonstration Proceedings, The Second Joint International Semantic Technology Conference, JIST 2012, Nara, Japan, December 2012, pp. 23–24 (2012).
    • T. Shimizu, M. Shoji, F. Matsumura, T. Takahashi, I. Kobayashi, F. Kato, H. Ueda, Y. Fukami and H. Takeda: Bottom up Activities for linked open data, open government in Japan, in Open Data on the Web Workshop, London, United Kingdom (2013), the World-Wide Web Consortium (W3C) / the Open Knowledge Foundation (OKF) / the Open Data Institute
  • 執筆など
    • Linked Data: Webをグローバルなデータ空間にする仕組み,
      トム ヒース , クリスチャン バイツァー (著), 武田 英明(監訳), 大向 一輝, 加藤 文彦, 嘉村 哲郎(, 亀田 尭宙, 小出 誠二, 深見 嘉明, 松村 冬子, 南 佳孝(訳), 近代科学社, 2013年2月
    • 私のブックマーク「Linked Open Data」, 加藤文彦著,人工知能学会誌,Vol.28, No.5, 2013年9月
  • 委員など
    • LODチャレンジJapan実行委員

松村冬子

  • 発表・講演など
    • 松村冬子, 嘉村哲郎, 加藤文彦, 小林巌生, 高橋徹, 上田洋, 大向一輝, 武田英明:LODAC Museum: Linked Open Dataによる博物館情報の統合と活用, 人工知能学会全国大会(第26回)論文集, No. 3C2-OS-13b-9, 山口 (2012), 人工知能学会.
    • F. Matsumura, I. Kobayashi, F. Kato, T. Kamura, I. Ohmukai and H. Takeda: Producing and Consuming Linked Open Data on Art with a Local Community, in J. F. Sequeda, A. Harth and O. Hartig eds., Proceedings of the Third International Workshop on Consuming Linked Data (COLD 2012) (2012), CEUR Workshop Proceedings Vol-905.
    • F. Matsumura, F. Kato, T. Kamura, I. Ohmukai and H. Takeda: Generating LOD from Web: A Case Study on Building Integrated Museum Collection Data, in Poster and Demonstration Proceedings, The Second Joint International Semantic Technology Conference, JIST 2012, Nara, Japan, December 2012, pp. 23–24 (2012).
    • T. Shimizu, M. Shoji, F. Matsumura, T. Takahashi, I. Kobayashi, F. Kato, H. Ueda, Y. Fukami and H. Takeda: Bottom up Activities for linked open data, open government in Japan, in Open Data on the Web Workshop, London, United Kingdom (2013), the World-Wide Web Consortium (W3C) / the Open Knowledge Foundation (OKF) / the Open Data Institute
  • 執筆など
    • Linked Data: Webをグローバルなデータ空間にする仕組み,
      トム ヒース , クリスチャン バイツァー (著), 武田 英明(監訳), 大向 一輝, 加藤 文彦, 嘉村 哲郎(, 亀田 尭宙, 小出 誠二, 深見 嘉明, 松村 冬子, 南 佳孝(訳), 近代科学社, 2013年2月
  • 委員など

高橋徹

  • 発表・講演など
    • 松村冬子, 嘉村哲郎, 加藤文彦, 小林巌生, 高橋徹, 上田洋, 大向一輝, 武田英明:LODAC Museum: Linked Open Dataによる博物館情報の統合と活用, 人工知能学会全国大会(第26回)論文集, No. 3C2-OS-13b-9, 山口 (2012), 人工知能学会.
    • T. Shimizu, M. Shoji, F. Matsumura, T. Takahashi, I. Kobayashi, F. Kato, H. Ueda, Y. Fukami and H. Takeda: Bottom up Activities for linked open data, open government in Japan, in Open Data on the Web Workshop, London, United Kingdom (2013), the World-Wide Web Consortium (W3C) / the Open Knowledge Foundation (OKF) / the Open Data Institute
    • 加藤文彦, 上田洋, 松村冬子, 高橋徹: スマートフォンアプリへのSPARQLによる動的検索機能の実装, 第29回セマンティックウェブとオントロジー研究会(SIG-SWO), 2013年3月
  • 受賞など
    • 上田洋,小林巌生,高橋徹,中川貴慈:横浜Maps,公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団賞,Linked Open Data チャレンジ Japan 2012
    • 上田洋,高橋徹,松村冬子,加藤文彦,藤田実紀,中川貴慈:さばえぶらり,シティデータ賞,Linked Open Data チャレンジ Japan 2012

深見 嘉明

  • 発表・講演など
    • T. Shimizu, M. Shoji, F. Matsumura, T. Takahashi, I. Kobayashi, F. Kato, H. Ueda, Y. Fukami and H. Takeda: Bottom up Activities for linked open data, open government in Japan, in Open Data on the Web Workshop, London, United Kingdom (2013), the World-Wide Web Consortium (W3C) / the Open Knowledge Foundation (OKF) / the Open Data Institute
  • 執筆など
    • Linked Data: Webをグローバルなデータ空間にする仕組み,
      トム ヒース , クリスチャン バイツァー (著), 武田 英明(監訳), 大向 一輝, 加藤 文彦, 嘉村 哲郎(, 亀田 尭宙, 小出 誠二, 深見 嘉明, 松村 冬子, 南 佳孝(訳), 近代科学社, 2013年2月
  • 委員など
    • 総務省 オープンデータ流通推進コンソーシアム 技術委員会委員 (2012年度-)
    • 経済産業省 公共情報交換標準スキームに関する検討委員会 委員(2012年度)
    • 経済産業省/独立行政法人情報処理推進機構 共通語彙基盤検討会議 委員(2013年度)
    • 横浜オープンデータソリューション発展委員会 理事 (2012年度-)
    • Program Commitee, Open Data on the Web Workshop, London, United Kingdom (2013), the World-Wide Web Consortium (W3C) / the Open Knowledge Foundation (OKF) / the Open Data Institute

岡本真

  • 発表・講演など
      • 岡本真, 「地域の情報拠点としての図書館に向けて-地域資料アーカイブを題材に(Flickr×Facebookでつくる地域のデジタルアーカイブ)」, 北摂地域図書館システム研究会, PCカレッジ東梅田校,2012年10月11日
      • 岡本真, 「横浜から考えるオープンデータ-Gov 2.0から、オープンデータの横浜モデルまで」, 横浜オープンデータソリューション発展委員会 キックオフイベント「横浜から発信!オープンデータと対話で創造する新しい公共」, 富士ゼロックス R&Dスクエア,2012年11月24日
      • 岡本真, 「ウェブ×知識-「知的」コンテンツの現在」, 読売新聞メディア戦略局勉強会, 読売新聞社,2012年12月12日
      • 岡本真, 「京都から考えるオープンデータ-特にGov 2.0の観点から」, オープンデータ京都勉強会, 京都リサーチパーク(KRP)町家スタジオ, 2013年4月20日
  • 執筆など
    • 岡本真, 「デジタルアーカイブへの第一歩-Flickrによる簡易にして充分なアーカイブ構築の勧め」(『アーカイブのつくりかた-構築と活用入門』(勉誠出版、2012年11月)所収)
  • 委員など
    • 総務省「東日本大震災アーカイブ」基盤構築プロジェクトシステム・サービス検討会合委員(2012年7月1日~31日)
    • 総務省「東日本大震災アーカイブ」ラウンドテーブル委員(2012年10月23日~2013年3月29日)