リンクト・オープン・データ連続講座(東京) 「LODの基本から応用最新情報まで」

収集した最新のデータによると、プレイヤーの数 オンラインカジノで遊ぶ 短期間に劇的に増加します。日本政府のオープンデータセット数は16,000を超え,オープンデータを進める地方自治体数も170を超えて,日本にも本格的なオープンデータの時代がやってきました.そのつぎはいよいよリンクト・オープン・データの時代です.これら既存のオープン・データをリンクトデータにする活動も,日本の各地各団体で行われていますが,初心者にとってはどのようにリンクトデータを作ればよいか分からない,あるいは一部には自己流に作ってLOD本来の利点が発揮できないような現状にあることも確かです.
本講座では,日本で初のLOD本「Linked Data」(近代科学社)の翻訳者であり,各所各コミュニティでLOD活動を推進中の方々を講師に迎えて,全6回にわたってリンクト・オープン・データの基本から応用までを丁寧に講義します.2年前には横浜関内にて同様な連続講座が行われましたが,そこからはITベンダーとしてLOD活動されている方,私企業内でLOD技術を使って業務の効率化を推進している方も生まれています.公共・私企業を問わず,LODに興味を持っている方,LODを進めようとされている方,また現状のIT技術に飽き足らない思いを抱えている方々の参加をお待ちしています.…

LODIと早稲田システム開発株式会社 博物館分野におけるLOD普及に向けた協業をスタート!

特定非営利活動法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ(東京都千代田区 理事長 武田英明、以下LODI)では、このたび日本の博物館におけるLOD(Linked Open Data)の普及、利活用の推進について、早稲田システム開発株式会社(東京都新宿区 …

LODI/Linked Open Data連続講義 第5回 「LODの作り方・使い方」

これまで学んできたLODやRDFを実践的に作り,使う方法について講義します.日頃,データ管理によく用いられる表形式のデータを無料ツールを使ってLODに変換する方法や,公開されているLODからSPARQLと呼ばれる問合せ言語を使って,欲しいデータを引き出す方法について学んでいきます.

LODI/Linked Open Data連続講義 第4回「スキーマとURI」

再利用しやすいデータを作成して共有するためには,データの構造やデータの中で使われる語彙を共通にしたり,逆に違いを明確にしたりする必要があります.RDFにおいてそれらを実現する仕組みであるスキーマとURIについて紹介します.

LODI/Linked Open Data連続講義 第2回「情報の構造化」

LODI連続講義 第2回 「情報の構造化」
LODへの最初の一歩として、情報を秩序立てて整理し、使い勝手を高める「構造化」について考えます。図書館の情報や統計データを取り上げ、人にとっての構造化、コンピュータにとっての構造化の違いやシンタックス・セマンティクスといった概念を紹介します。