講演資料公開「文化機関×オープンデータ」

副理事長の小林厳生が、8月23日に横浜市中央図書館にて開催された 横浜オープンデータソリューション発展委員会 主催 (共催:特定非営利活動法人リンクト・オープン・データ・イニシアティブ、後援: 横浜市政策局政策支援センター、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)のイベント「文化機関におけるオープンデータの実践と今後の展望」にて、『なぜ今、オープンデータなのか?』という講演を行いました。
イベントの内容は、togetterから、講演資料は下記リンクから御覧ください。

コメントは受け付けていません。